アリスウエディングのブログ


by alicewedd

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

先日こちらのブログでもリポートさせていただいた
『バリハイ・アリストキャットクルーズ』。

a0200190_13325019.jpg


この度アリスウェディングでは、このアリストキャットを貸切り、
船上ウェディングができるプランの取り扱いを開始致しました!
なんと約40名乗りのカタマランヨットを1日貸し切る、とっても贅沢なプランです☆

a0200190_13131231.jpg


海外でクルーズウェディングをお考えの方、
バリ島でちょっと変わったウェディングをしたい方、
とにかく海が大好きな方にとってもお勧めのウェディングです。

一日貸切なので、ゲストの皆様とクルーズを楽しむも良し、
ウェディング後はバリハイのビーチクラブでおもいっきり遊ぶも良し。
お二人だけでなく、ゲストの皆様も楽しんで頂ける、体験型、参加型ウェディングです!


また、挙式は教会やヴィラで行い、夜だけアリストキャットを貸し切って
ナイトクルージングパーティーもできますので、ぜひプランナーにご相談を♪

a0200190_13261624.jpg




詳しくはアリスウェディングまでお問い合わせ下さい☆
[PR]
by alicewedd | 2013-03-16 13:35 | バリ島ウェディング

いよいよニュピです!


明日3月12日はニュピです。

ニュピとはバリ・ヒンドゥー教サカ暦のお正月にあたります。

静寂の日と言われるこの日は仕事や外出、火や電気の使用が一切禁止になります。
空港やお店、レストラン等全てがお休み。街灯も全て消され、
人々は家で静かに過ごさなければいけません。

観光客も例外ではなく、3/12 朝6時から翌朝6時まで
ホテルの敷地から外に出ることができません。
とは言え、ホテルですから、一切の電気が使えないということはなく、
かなり制限されますが、電気の使用、3食の食事も可能です。

ニュピ当日はこの規則を守っているかどうかを見まわる担当がいます。
もし電気が点いていたり、うるさくしていたり、外出している人を見かけたら
厳重注意となるそうです。
怖いそうですよ・・・

とっても不思議なこの風習に最初は戸惑いました。
2月に入ると現地在住の日本人の間では、ニュピをどこで過ごすかが話題になります。
比較的自由に過ごせるホテルに泊まる人、バリ島外に逃げる人(笑)
そして、自宅で過ごす人。

自宅で過ごす場合、これも一切の火や電気を使わないことは少々難しいので、
できるだけ火を使わない食料を買い込み、家中の窓に目張りをして、中の電気が漏れないようにし
何とかニュピを乗り切ります。

私は今年6回目のニュピを迎えます。
1年目自宅、2年目自宅、3年目日本、4年目ホテル、5年目ホテル 
そして今年はまた自宅で過ごす事にしました。

ということで、明日に備えて食料やら目張り用の道具やらを揃えなければ!

そして、今日3/11はオゴオゴというニュピ前日の大晦日に行われる行事があります。
日が暮れた頃から、何メートルもある大きな鬼の形を模った神輿(オゴオゴ)を
若い衆が担いで街中を練り歩き、悪霊を追い払い、新年に備えるという
大切な意味があります。

もともと宗教行事のオゴオゴですが、今では一種のコンテスト的な感じになり
各バンジャール(町内会)ごとに毎年ニュピの2、3週間前から作成され
その大きさや迫力、担ぎ方などを競い合うのです。
最近では電飾やら何やらでド派手なオゴオゴが増え、
お祭り色が強くなっていますが、まぁなんとも不気味な感じで、迫力があります!


a0200190_1438365.jpg



今日の夜はこのオゴオゴも見に行かなければ!!

今日のバリ島は良いお天気です。
明日も天気が良ければいいですね。
バリ島中の電気が消され、星空がきっと綺麗なはず。

ニュピの様子はまた後日あらためて。




そして、、、

3月11日、今日で東日本大震災から丸2年が経ちました。

沢山の尊い命が失われたこの震災後、バリ島各地でも沢山の追悼の会が開かれ
沢山の人々が日本の為に祈りを捧げました。

アリスバリウェディングでも、この震災で亡くなられた方々のご冥福と
被害に合われた方々の生活が一日でも早く平和なものになりますよう、
バリ島よりお祈り申し上げます。
[PR]
by alicewedd | 2013-03-11 14:39 | バリ島情報

とっても久しぶりの更新になってしまいました・・・
のんびりしたバリ島に住んでいても、時間は平等に流れるものです。。。


さて、先日少し足を延ばしてレンボンガン島へ行ってきました!
レンボンガン島はバリ島南部東岸から約12キロの沖合に浮かぶ
とても素朴で小さな島です。
バリ島からは定期船やクルーズ船、スピードボートが出ています。

今回はバリハイクルーズという会社が運行している
クルーズアクティビティに参加してきました。
乗船したのは「大型カタマランヨット・アリストキャット」という50名くらいが乗れる船です。

a0200190_12293398.jpg


この白い幌が「ヨット!」という感じで素敵ですね。
ただヨットセーリングは初めての私は、揺れないかな~と少々心配。。。


8時45分、いよいよ乗船です!

a0200190_12304139.jpg


乗り降りは足元もしっかりとしていて、とても安全でした。
ゆらゆらしながら乗ったり、飛び乗ったりする感じのイメージでしたのでまずは一安心。

そして9時、いざ出港です!

a0200190_12322666.jpg





アリストキャットには大きく分けて3つのスペースがありました。
まずは船の先頭部分にあるデッキスペース。

a0200190_12332510.jpg


a0200190_1234412.jpg



ここにはマットが用意されていて、ゴロンとしながら景色を楽しむことができます。
日焼けなんてへっちゃら~♪ な沢山の欧米の客様がこちらでくつろいでいました。
(この写真は少ししか人がいませんが、この後沢山の人でマットが埋まっていました)


続いて船尾にあるこちらのスペース。

a0200190_12365894.jpg


ここではコーヒーや紅茶、スナック、フルーツのサービスがあります。

a0200190_12385875.jpg


屋根が付いていて、風も入り、景色も見えてとっても気持ち良いスペースです。
ここなら日本人のお客様も日焼けを気にせずのんびりできますね。


続いて船の中心操縦席の下にあるキャビンスペースです。
こちらはエアコンが効いていて、とても快適。
トイレもこちらに2箇所ありました。

a0200190_1241255.jpg


ちょっとお疲れの方がお休みになっていました~。
適度な揺れと快適な温度・・・熟睡のご様子です(笑)

a0200190_1240156.jpg



心配していた揺れですが、この日は風無し、波無し、お天気良し!のベストコンディション!!
全く揺れず、快適そのものでした。
真っ青な空と海。南の島にいるんだな~と実感。


2時間ほどでレンボンガン島に到着です。
バリハイでは大型船のクルーズもあり、こちらは1時間15分。
今回乗船したのはアリストキャットというヨットですので
大型船より少しのんびりとレンボンガンまでの旅を楽しめました。

a0200190_1352212.jpg


なんて綺麗な海なんでしょう~。
やはり透明度がバリ島とは違います!

a0200190_13535293.jpg



バリハイではレンボンガン島にプライベートのビーチクラブがあります。
ここには専用プール、レストラン、シャワーやロッカーなどの日帰りアクティビティ用の設備に加え、
バリハイ・タイドハッツという宿泊施設も完備。
クルーズとアクティビティを楽しみながら、のんびり滞在。
いつか実現させたいですね。

a0200190_13553895.jpg

a0200190_1626739.jpg

a0200190_16482649.jpg

a0200190_16534516.jpg


さて、今回私が参加したアリストキャットクルーズですが、
現地でのアクティビティとして、ビーチクラブの利用はもちろん、
バナナボートやシュノーケリング、シーカヤック、ヴィレッジツアーなども楽しめます。
子供が参加できるゲームなどもあり、一日があっという間に過ぎてしまいました。

a0200190_16245722.jpg


各アクティビティの開始時間や集合時間はこちらの掲示板でお知らせします。

a0200190_1624079.jpg


そしてランチはBBQブッフェです!
美味しそうなお魚、お肉、お野菜がズラーッとならんでいます。
もちろんデザートやフルーツ、コーヒー、紅茶も用意されていました。

a0200190_1627128.jpg

a0200190_16275839.jpg


おもいっきり遊んだ後の美味しいご飯。最高ですね♪


楽しい時間はあっという間に過ぎていき、そろそろ帰る時間です。
アリストキャットの出発は16時。

a0200190_16301631.jpg

a0200190_16375113.jpg


さようなら、レンボンガン島~



バリハイではこの他にも大型船に乗って行く、バリハイビーチクラブクルーズ、
また、現地でバリハイのポントゥーン(浮島)を利用できるリーフクルーズなど
様々なアクティビティが用意されています。
詳しい情報はこちらのバリハイオフィシャルウェブサイトからどうぞ↓
http://www.balihaicruises.com/ja

またアリスウェディングでも手配可能ですので、お気軽にお問い合わせください!
[PR]
by alicewedd | 2013-03-04 16:57 | バリ島情報